お仕事情報
クライアント企業の皆様へ
よくある質問
  • スタッフ様 よくある質問
  • 企業様 よくある質問
    人材派遣、アウトソーシング
社長ブログ

HOME > クライアント企業の皆様へ > アウトソーシングのご提案

クライアント企業の皆様へCLIENT

アウトソーシングのご提案

迫られる選択。直接雇用かアウトソーシングか
現在人材派遣をご利用の企業様において2009年以降3年間の期間制限到来後、請負契約によるアウトソーシング企業による雇用か、メーカーによる直接雇用かの選択が迫られることになります。
請負契約の締結ができなければ、業界から大量の従業員がメーカーに流出するだけでなく、メーカーにとっても直接雇用が増加すれば国際競争力の低下を招き、景気低迷をもたらすことになりかねません。
また、労働者においては、多くのメーカーでは雇用リスク回避のため、常用雇用(いわゆる正社員雇用)されず、労働者の地位が不安定になるという矛盾を生むことにもなります。
リフォーマーの考えるアウトソーシング
以上のような事態を解決するためにも、弊社が果たすべき社会的役割を認識し、実行することが必要であると考えております。
具体的には、臨時的・一時的雇用である労働者派遣事業ではない「請負事業」による常用雇用の確保と人材育成を可能とするシステムを構築することが必要であると考えております。
適正請負化へのステップ